--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-01

昨日の予餞会でのオペラ・声楽について講演の様子

予餞会の動画は先ほどの日記にて公開したしましたが、学校のホームページにコンサートの様子の感想・講評がのっていましたので、以下転載いたします。

いよいよ明日は、卒業式。ということで、本日は生徒会による「予餞会(よせんかい)」が行われました。「予餞会」とは、卒業前に送別の意味が込められた「送る会」のことで、明誠高校では卒業式の前日に行っています。
第3部に分かれた予餞会。第1部では明日の卒業式で行われない各章の表彰式が行われました。各部活動の部長や一生懸命練習に励んできた総勢25名。この場に立つことが出来なかった生徒たちの中にも、これまで頑張ってきた生徒たちもたくさんいます。その生徒たちの思いも込められた温かい表彰式となりました。
第2部では、平成10年度本校卒業で、現在声楽家(バリトン歌手)の小川雄亮さんに「歌声の魅了 名曲を心で聴く」と題して講演をして頂きました。小川さんの高校時代のお話を含めながら、ミニ演奏をして頂き、オペラを生で聴く事ができ生徒たちの拍手が止むことはありませんでした。「千の風になって」「オー・ソレ・ミオ」「荒城の月」「ゴッドファーザー・愛のテーマ」「ガラスの部屋」など5曲を、ところどころに曲の解説や、今現在、どのようなところで曲を耳にしているのかなどお話を入れながら演奏をされました。例えば、「ガラスの部屋」などは、お笑い芸人のヒロシのネタを盛り上げるBGMにつかわれているとか。小川さんの声量に驚きと素晴らしさに感動し、笑いあふれる有意義な時間を卒業していく生徒も、在校生も過ごせたようです。
第3部 生徒会タイムでは、まず各部活の後輩たちが先輩たちに送るビデオレターを上映しました。各部活個性が溢れていて、お世話になった先輩の名前を呼びながら、お礼の言葉やパフォーマンスを含めたビデオレターにとても盛り上がりました。さらに3年生の担任や学年主任からの驚きのビデオレターもあり、3年生はいよいよ卒業という気持ちになったようです。その後は3年生にフォーカスしたフォト・スライド。卒業生も在校生にとってもとても楽しい時間となりました。
卒業前の3年生を楽しませようと、何日も前から放課後遅くまで残って、準備していた生徒会がさまざまな工夫を凝らした素晴らしい心のこもった会となりました。

予餞会の後は、卒業式の予行が行われ2年生全員も参列し、明日の本番に向けて、何度も校歌や礼など細部に渡り練習をしました。明日の卒業式は厳粛に式が行われることでしょう。そして、生徒たちにとって忘れられない最高の卒業式となることでしょう。
明日の卒業式は、10時から行われます。参列される保護者やご家庭の方は9時30分までに会場となる体育館までお越しください。

この様子がある学校ホームページはこちらです。
ビデオ動画も見れます。
http://www.biglobe.ne.jp/index-pc.html
スポンサーサイト

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

2009-01-21

明日は渡伊します♪

明日よりイタリアへ一人旅&武者修行にいってきます♪尚、1月下旬に帰国いたします。取り急ぎ。小川雄亮拝

theme : ★イタリア旅行★
genre : 旅行

2009-01-15

寒いですねー 皆様お風邪に要注意!!

Ho passegiato con il mio cane.Fuori,fa freddo molto.Il vento soffia freddo e forte stasera.E poi la mia gola ha diventato troppo secco, percio` ho mal di gola.Forse,ho un leggero raffreddore e ho la voce raffreddata o rauca.
Ho preso la medicina.
Tutti,Atenzione la gola!!

久々日記です。
先週、2日続けて新国のニューイヤーオペラガラコンへ行ってきました。
(オーチャード・ジルベスター、ベルリンフィル・ジルベスターとウィーンフィルニューイヤーとNHKニューイヤーはオペラはテレビで鑑賞。毎年行っていたウィーン・フォルクス・オーバーのサントリーホールのニューイヤーは今年パスしました。)
すべてを新国ニューイヤーにかけていました。レストラン「マエストロ」で開演前食事をし、準備万端です。
ジャコ様お目当てです。ジャコ神出現です。復活し日本に帰ってきたです。(昨年「オテッロ」体調不良で残念ながら来日不可能でE・グリザレス代役)いよいよジャコミーニの「オテッロ」が聴けると待ち望んでいました。ジャコミーニの「オテッロのCDよりさらにパワーアップした歌唱でした。
・「オテッロ」より二重唱「すでに夜も更けた」
・「道化師」より「衣裳をつけろ」
・「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」(アンコール)
でした。
伝統的NaturaleなBelcanto発声から自然に生まれてくるジャコミーニ独特のエネルギー、そしてロブストのパワフルな声の重さ、重厚な響き、マスケラを突き抜ける響き 見事なアクートの集中力、さすがの歌唱にしびれました。 ジャコミーニの歌唱に酔いしれました。深みと芯が立ち上るような歌唱に衝撃を受けました。
とても素晴らしく、感動しました。
第一声からPassioneが感じられました。衝撃的でした。まさにitalian passionですね。
Otelloも素晴らしかった。Sottovoce でメロディーラインのフレージングをせつぜつと見事なレガートで歌っていました。これぞVocaleと感じた瞬間でもありました。
「衣裳をつけろ」を聴いた瞬間、ジャコミーニの生「パリアッチ」全曲を聴いたときが思い出されました。 世界現代最高のカニオ歌いですね。Recitar!!・・・Tu sei Pagliaccio!!だけでお腹いっぱいです。最後のIl cor はほんと泣けます。そして〆はVincerro` です。Vin ce-------------ro`---------------と たっぷり伸ばして私が生のトゥーランドットの舞台で聴いた中でこんなにも伸ばすかと思うくらい最強・最高のカラフのアリアNessun dorma でした!!嬉しかったです。感動してしまい、Bravo!!と絶叫しまくりでした。さらに2日目の方が初日と比べ気合でかなり伸ばしていました。びっくり仰天です。
強弱のコントロール、アクート、驚異的なブレスコントロール 横隔膜の使い方 Naturaleなcorde vocaleのposizione すごい すごい につきます。 Bravissimo!!!!!!!!!
全身全霊に熱唱しパワフルに歌い上げる「魂」の歌唱には震え上がり鳥肌が立ちました。
大変素晴らしいプログラムのコンサートでした。
ジャコミーニの円熟した歌声ますます渋く格好良かったです。
まさにテノリズムでありダンディズムでした。また、ジャコミーニの歌唱を実演で聴きたいです。
その他、出演歌手ではイタリアのソプラノのセレーナ・ファルノッキアの歌唱も見事でした。昨年のフィガロのコンテッサは見事でした。今年は春にドン・ジョヴァン二の公演で来日いたしますね。アンナだっけかエルヴィーラだったか忘れましたが・・・。
市原多朗さんのToscaよりカヴァラドッシのアリア2曲も絶好調!!!!!ハイCもびしっと決まりスタイリッシュな歌唱素晴らしかったです。

その翌日、レッスンと喉のケアに声帯のチェック・コンディショニングへ(やはり風邪気味で声帯は異常なしで喉頭の腫れが若干あり声枯れ、喉頭への血流量不足で乾燥とのこと。ヒアルロンサン吸入の処置)。コエンザイムQ10とトローチをもらってきました。いまは、すっかり完全に回復。

新年早々から事務的作業・連絡作業に追いやられ、レッスンやら稽古やら本番やらで歌っています。ハードスケジュールに追われ、譜読みが追いつきません。どれから手をつけていいのかわからない(泣)。要領が悪いです。暗譜作業も続々・・・(笑)徹夜にならないようにします。

あと、先週は、ペトリス・シュローダーと言う欧州で活躍しているテノール歌手のリサイタルへ行ってきました。マッチョマンというかSPとかやっているような体格でした。この方、オペラ歌手になる前は、警察官という異例の経歴のテノールでした。いやーあの鍛えられた声帯(甲状軟骨の形状)、胸板の厚さはドラマティック・スピントな声を出すための必須な大きなアイテムであり武器ですね。この方も、低音や中音域がかなりバリトンに近い音色でした。カンツォーネ・ナポレターナとトスティ歌曲は通常のテノールのキーよりさらに半音から1音あげて大いに盛り上がりました。むしろびっくりいたしました。こんなテノールもいるのかと。オペラアリアなど最高音の危なっかしさがスリリング満載で楽しめました。個人的には、「エフゲニー・オネーギン」のレンスキーのアリアがよかったな♪アンコールのO sole mioのフェルマータ部分で何秒のばすか自分の時計見てアピールして計っていたのは会場の笑いを取って大いに受けていました。

一昨日は、カルチャースクールでカンツォーネのレッスンをしてきました。カンツォーネサークルの方々はまさに「カンツォーネ・リベラ」歌う喜びを感じて楽しんでいらしたのでとても嬉しいです。その後、「魔笛」稽古へ。マエストロ不在の為、ザラストロ君の指揮で一通り軽くカットありで通した感じ。稽古後、新年会を兼ねてそろそろアラサー突入仲間のぐっちさんとちょろりんりんさんほか フレッシュなジャンニさん、あらぽんさんなど出演者・スタッフと色々飲んで食べて語ってきました。BirraとSangue(Dolce leggieroな風味のVino Rosso)を飲んで酔いしれました。私は、帰りタクシーで帰り2時近くになっていました。鍵忘れたことに気づきかなり焦りましたが無事家に入れました(笑)

昨年 2008年度のコンサート・オペラ鑑賞記録日記もそろそろ書かなくちゃ。コンサートベスト10など、さてとーます的MVP演目・歌手は一体何だったでしょうか?(笑)

本日は、新国立劇場漬けです。
マチネで「蝶々夫人」鑑賞。イタリア人正統派オペラ指揮者、マリアカラスの再来といわれている美貌のタイトルロールと話題のイタリア人ピンカートンとイケメンバリトンのシャープレスに期待です。
夜は、中劇場で東京オペラプロデュース公演のヘルマン・ゲッツの歌劇「じゃじゃ馬ならし」のA組のGP見てきます♪日本初演だそうですね。シェークスピアの作品ですね。私、この作曲家初めて知りました。当然ながら音源などまだチェックしていません。予習もしていないので日本初演でありどんなオペラ作品なのか楽しみです。

来月の東京室内歌劇場の「グラン・マカブルー」も日本初演楽しみですね。こちらはCD持っているので、何度か聴いています。作曲家のリゲティがなくなったので追悼番組でちょこっとオペラ上演映像が流れていたのを見たくらいです。

とりあえず、本日の新国「蝶々夫人」と「じゃじゃ馬ならし」楽しみたいと思います♪

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

2009-01-01

あけましておめでとうございます。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、色々とお世話になり誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

頑張っていきますので、今後とも、応援よろしくお願いいたします。

2009年 元旦

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

2008-12-10

カンツォーネを歌いましょう。講座のご案内

カルチャースクールでカンツォーネ講座のレッスンのお知らせです。カンツォーネサークルです。
カンツォーネを通して色々と交流いたしましょう。
講師の小川雄亮氏はローマのカンツォーネ・レストランで歌ったこともあり、各地のコンサートやライヴ、ディナーショーでカンツォーネをイタリア人アーティストと共に歌っています。
楽しく歌おう、イタリアの名曲・カンツォーネ(新講座)です。
「オー・ソレ・ミオ」、「サンタルチア」、「帰れソレントへ」、「カタリ」等イタリアの愛唱歌を楽しく歌ってみませんか。大きな声が出なくても、楽譜が読めなくても大丈夫です。イタリア語ができなくても大丈夫です。情熱があれば大丈夫です。とにかく明るく楽しく陽気に歌いましょう。ヴォイストレーニングもいたします。
発声・発音指導、イタリア語の読み方、楽譜の読み方など音取りなどしっかりいたします。名歌手のレコードなど聴いたり研究したりして、
原語だけではなく時には日本語の訳詞でも歌ってみましょう。
イタリア好きの方、歌好きな方、初心者も大歓迎。
懐かしの「ナポリ民謡」を一緒に歌いましょう。時には、リクエストに応じて、カンツォーネ・ポップ(カンツォーネ・ポポラーレ)もいたしましょう。
カンツォーネを難しく考えないで、まずはお気軽にご参加ください。
第2・4(月)13時から14時30分
\4725(月謝制度)
無料体験講習会・レッスンは12月22日、1月12日(月)です。
東横線綱島駅から徒歩5分   
 提携駐車場有(優待割引)
 綱島カルチャーセンター
 神奈川県横浜市港北区綱島西2-6-17
 黒川ビルモールリマーク2F
  045-549-5411
  045-549-5635
  tunasima@culture.gr.jp
http://www.culture.gr.jp/tunasima/
パンフレットなどの資料をご希望の方(レッスンのお申し込み、ご予約・お問い合わせ)は、
ご希望の講座名とご住所、お名前、電話番号
を上記のカルチャースクールまでご連絡下さい。すぐにお送り致します。
http://www.culture.gr.jp/pdf/4/tunasima.pdf
http://www.culture.gr.jp/pdf/sokuhou/tunasima.pdf
http://www.tsunashima.com/shops/culture/
http://www.culture.gr.jp/tunasima/index.htm
http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=l_00012930
http://www.mallremark.co.jp/tenants/culture_2F/index.html

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

プロフィール

おがバリトン

Author:おがバリトン
小川雄亮 YUSUKE OGAWA :声楽家(バリトン歌手、オペラ歌手、カンツォーネ歌手)
声種はバリトンBaritono: 東京都出身。日本大学芸術学部音楽学科声楽コース卒業。同大学院博士前期課程芸術学研究科音楽芸術専攻修了。在学中よりオペラ、各種演奏会に多数出演。NPOみんなのオペラ公演(岡村喬生総監督・演出、飯守泰次郎指揮東京ニューシティ管弦楽団)『蝶々さん』にて官吏、ぼんぞーの二役を歌い好評を得る。秘密の結婚」、「カルメン」、「ドン・パスクワーレ」、「椿姫」、「ルル」、、「こうもり」、「メリー・ウィドウ」などに出演。 また『クリスマス・カンタータ』のバリトンソロを務める。長江杯国際音楽コンクール第3位、アジアクラシック音楽コンサートオーディション新人賞、フレッシュアーティストオーディション奨励賞、オペラアリアコンクール奨励賞、全日本クラシック音楽オーディション審査員賞受賞。オペラ、オペレッタ、ミュージカル、音楽劇にも出演しコンサートでも活躍中。 カンツォーネを得意とし、オペラ唱法を駆使し活動の場を広げカンツォーネのほかシャンソン、映画音楽などを得意とし、ライヴハウスやホール、レストラン、ホテルなどのショーに出演。また近年、日本語の歌(歌曲、唱歌や童謡、歌謡曲)の普及に力をいれ積極的に取り組んでいる。 現在、バリトン歌手として演奏活動の傍ら、評論家、オペラ研究家、執筆活動、作詞家、編曲家、各地で指導者や合唱団のヴォイストレーナー、コンクール審査員としても活動している。 合唱団「つつじ」特別団員。 日本ロッシーニ協会会員。座間市演奏家連盟会員。
オペラ、オペレッタ、ミュージカル、歌曲、歌謡曲、カンツォーネ、ナポリ民謡、イタリアン正統派クラシックのスタイルの歌曲、オペラから、ミュージカル、映画音楽、カンツォーネを得意とする。様々なジャンルとコラボ・コンサートやライヴ活動を各地で独自のスタイルで展開する。・ポップスを得意とする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。