--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-30

テノール歌手 ラ・スコーラ 月間

暑い中、横浜のみなとみらいホールへ出陣しました。横浜の町並みも綺麗でした。夜景が特にね。お洒落な街ですね。
帰る途中、大雨・豪雨と雷・稲光に遭遇いたしました。雷雨がすごかったです。
M・ボエーミのピアノ伴奏でのV・ラ・スコーラのテノールリサイタルへ行って来ました。とても楽しかったです♪
じっくりカンツォーネ、ナポリ民謡、トスティ歌曲、シチリア民謡、オペラ・アリアを堪能してきました!!
今月で、ラ・スコーラのコンサートで歌声聴くの、3回目です(笑)。
ラ・スコーラの月(ラ・スコーラ週間・月間)が終了いたしました。今月は、ほとんどラ・スコーラお目当てにラ・スコーラのコンサートに行ってきました。
50歳を迎えたあぶらののった時期、今が旬のドラマティック・テノールです。
今日は、横浜のみなとみらいホールへ、マルコ・ボエーミがピアノ伴奏で世界的テノール歌手V・ラ・スコーラが歌うリサイタルへいってきました。今年、デビュー25周年みたいです。日本でビューは20周年との事です。
ルチアーノ・パヴァロッティに認められ、アリゴ・ポーラ、カルロ・ベルゴンツィに師事したポスト3大テノールの一人です。所々、アクートがパヴァロッティの響きに似ています。ほんと輝かしい声ですね。
あの大ホールが満員で、拍手喝采の大ブラーボでした!!Bravi!!
特に「星は光ぬ~トスカ」、「誰も寝てはならぬ~トゥーランドット」♪
Bravissimo!!カーテンコールもスタンディング・オベーションで大いに盛り上がりました。
プログラムは、プッチーニのオペラ・アリア、カンツォーネ(ナポリ民謡、シチリア民謡)、トスティ歌曲などなどアンコールは、「浜辺の歌」。意外でした。情感たっぷりに歌い上げていました。イタリア人が歌う日本歌曲、発音もなかなかよかったです。
というわけで、盛りだくさんのプログラムであっという間の時間、とても楽しかったです♪燃えました。そして感動!!
だいたいほとんどが私のレパートリーでしたのでとても勉強になりました。
マルコ・ボエーミとV・ラ・スコーラの息のあったぴったりの最強コンビでした(笑)
ふたりとも茶目っ気たっぷりで愛想を振りまいていました。笑顔が素敵なイタリア人でした(笑)
素顔もとってもお茶目です(笑)
また、二人の演奏が聞きたいです。
今日がスコーラ全日程ツアー、最終日でした。
・池袋の東京芸術劇場でのボエーミ指揮 都響 スコーラ オンステージ
・サントリーホール ホールオペラ「トスカ」 2回公演
・豊橋 リサイタル
・横浜リサイタル

ここまできたらもうスコーラの追っかけですね(笑)大ファンです。
また、スコーラのCD・DVDのコレクターです(笑)
歌い方・表現・発声がとても参考になるのですよ♪
あのシチリアの青空の明るい声にすっかりとりつかれ魅了されました!!
また、ぜひとも来日してもらいたいです。
お疲れ様でした。
Grazie Scola e Boemi!!

マルコ・ボエーミは、指揮も素晴らしいが、ピアノ伴奏も絶品でした。やはり歌手のいい面、音楽の表現をひきだすのがうまい。ファビオ・アルミリアート&ダニエラ・デッシーのオペラ・デュエット集のCD「ラヴ・デュエット」の指揮もしているのですね。すっかり忘れていました。
スポンサーサイト

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

2008-07-30

ヴィンチェンツォ・ラ・スコーラ テノールリサイタル♪

ラ・スコーラの月が終了いたしました。今月は、ほとんどラ・スコーラお目当てにラ・スコーラのコンサートに行ってきました。
50歳を迎えたあぶらののった時期、今が旬のドラマティック・テノールです。
今日は、横浜のみなとみらいホールへ、マルコ・ボエーミがピアノ伴奏で世界的テノール歌手V・ラ・スコーラが歌うリサイタルへいってきました。今年、デビュー25周年みたいです。日本でビューは20周年との事です。
ルチアーノ・パヴァロッティに認められ、アリゴ・ポーラ、カルロ・ベルゴンツィに師事したポスト3大テノールの一人です。所々、アクートがパヴァロッティの響きに似ています。ほんと輝かしい声ですね。
あの大ホールが満員で、拍手喝采の大ブラーボでした!!Bravi!!
特に「星は光ぬ~トスカ」、「誰も寝てはならぬ~トゥーランドット」♪
Bravissimo!!カーテンコールもスタンディング・オベーションで大いに盛り上がりました。
プログラムは、プッチーニのオペラ・アリア、カンツォーネ(ナポリ民謡、シチリア民謡)、トスティ歌曲などなどアンコールは、「浜辺の歌」。意外でした。情感たっぷりに歌い上げていました。イタリア人が歌う日本歌曲、発音もなかなかよかったです。
というわけで、盛りだくさんのプログラムであっという間の時間、とても楽しかったです♪燃えました。そして感動!!
だいたいほとんどが私のレパートリーでしたのでとても勉強になりました。
マルコ・ボエーミとV・ラ・スコーラの息のあったぴったりの最強コンビでした(笑)
ふたりとも茶目っ気たっぷりで愛想を振りまいていました。笑顔が素敵なイタリア人でした(笑)
素顔もとってもお茶目です(笑)
また、二人の演奏が聞きたいです。
今日がスコーラ全日程ツアー、最終日でした。
・池袋の東京芸術劇場でのボエーミ指揮 都響 スコーラ オンステージ
・サントリーホール ホールオペラ「トスカ」 2回公演
・豊橋 リサイタル
・横浜リサイタル

ここまできたらもうスコーラの追っかけですね(笑)大ファンです。
あのシチリアの青空の明るい声にすっかりとりつかれ魅了されました!!
また、ぜひとも来日してもらいたいです。
お疲れ様でした。
Grazie Scola e Boemi!!

マルコ・ボエーミは、指揮も素晴らしいが、ピアノ伴奏も絶品でした。やはり歌手のいい面、音楽の表現をひきだすのがうまい。ファビオ・アルミリアート&ダニエラ・デッシーのオペラ・デュエット集のCD「ラヴ・デュエット」の指揮もしているのですね。すっかり忘れていました。

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

2008-07-29

テノール歌手 V・ラ・スコーラ

今日も暑いですね。

今日は、夜、横浜のみなとみらいホールへ出陣です。M・ボエーミのピアノ伴奏でのV・ラ・スコーラのテノールリサイタルへ行って来ます。とても楽しみです♪

カンツォーネ、ナポリ民謡、トスティ歌曲、シチリア民謡、オペラ・アリアを堪能してきます!!

今月で、ラ・スコーラのコンサートで歌声聴くの、3回目です(笑)。
・東京芸術劇場 オンステージ
・サントリーホール ホールオペラ「トスカ」
・横浜みなとみらい リサイタル

テノールへの道への第一歩の勉強です。大勢のテノールを聴きたいと思います♪もちろん、バリトンも好きですが・・・。

theme : クラシック
genre : 音楽

2008-07-27

雨 La pioggia

先日のサントリーホールでのボエーミ指揮、ラ・スコーラ出演のホール・オペラ形式の「トスカ」素晴らしかったです。大変感動いたしました。Bravi!!「トスカ」を堪能いたしました。まさにカヴァラドッシとスカルピア、トスカの熱演でした!!!私にとっての久々の「トスカ」だったのでワクワクしました。
あさっては、横浜のみなとみらいホールへ出陣です。ボエーミのピアノ伴奏でのラ・スコーラのテノールリサイタルへ行って来ます。テノールへの道への第一歩の勉強です。大勢のテノールを聴きたいと思います♪もちろん、バリトンも好きですが・・・。

昨日は、神経内科、耳鼻咽喉科へ行ってきました。病院めぐりですね。薬処方してもらいました。あと帰りに酸素カプセルに寄って来ました(笑)
帰り際、突然の雨に降られてやられました(笑)
昨夜の、花火大会、5000発を家の窓から眺めました。大変綺麗でした。雨もちらほら降ってきました。
花火は、日本の夏の風物詩、伝統文化ですね。まさに、浴衣と花火のコラボ♪
今日は、突然の大雨に見舞われました。雷もなっていました。夕立です。傘を持ってなかったのでずぶ濡れになってしまいました(笑)
喉頭のコンディショニングの為に、治療に行ってきました。声帯筋の一部である、左茎突咽頭筋および左肩甲舌骨筋の(肉離れの)筋繊維損傷もだいぶよくなっているということでした。
声もお蔭様で順調に回復してきています。もっと共鳴区が倍増できるでしょうとの事でした。
念のため、テーピング療法を受けてきました。
頑張ってリハビリに励みます。声を取り戻します。もとの声をとりかえします!!
明日は、山梨の甲府に仕事で出張です。頑張ってきます。日帰りですが、帰りに温泉に行けたらと思います。ゆっくり疲れをとって癒してきます。
朝早いのでもう寝ます。おやすみなさい。

theme : クラシック
genre : 音楽

2008-07-25

ヴィンチェンツォ・ラ・スコーラ&マルコ・ボエーミ

今年はプッチーニ・イヤーですね♪
マルコ・ボエーミ指揮、ヴィンチェンツォ・ラ・スコーラのニュー・アルバムCDプッチーニアリア集「プッチーニへのオマージュ 捧ぐ」、素晴らしいです。プッチーニのテノールアリアをすべて収録したプッチーニ・テノール・オペラ・アリア集です♪
先日、池袋の芸術劇場にてオケ伴奏のマルコ・ボエーミ指揮、テノールのヴィンチェンツォ・ラ・スコーラのオンステージ・リサイタルへ行ってきました。いやー燃えました♪
それから一週間後、
その次の週は、サントリーホールにてボエーミ指揮、スコーラが出演するホールオペラ「Tosca」鑑賞してきました。カヴァラドッシ扮するラ・スコーラの歌うアリア「妙なる調和」、「星は光ぬ」素晴らしかったです。あと、Vittoria~!!にも興奮いたしました。
その他、トスカとの2重唱もよかった。
スカルピアの「テデウム」、トスカの「歌に生き恋に生き」も素晴らしかったです。Bravissimo!!
やはりプッチーニはいいですね。
来週は、横浜のみなとみらいホールへボエーミがピアノ伴奏でスコーラが歌うリサイタルへいってきます。オペラ・アリア、カンツォーネ、ナポリ民謡、トスティ歌曲などなど盛りだくさんのプログラムとても楽しみです♪
マルコ・ボエーミとV・ラ・スコーラの息のあったぴったりのコンビ、最強です(笑)
ここまできたらもうスコーラの追っかけですね(笑)大ファンです。
あのシチリアの青空の明るい声にすっかりとりつかれ魅了されました!!

ただいま、R・ムーティー指揮、ジュゼッペ・ジャコミーニ、ヴァネス、ジョルジョ・ザンカナーロ他の大御所メンバーによる プッチーニの「トスカ」のCD聴いています♪

theme : クラシック
genre : 音楽

2008-07-24

土用の丑の日

暑中お見舞い申し上げます。
毎日、暑いですね。連日33度を超える猛暑日・真夏日です。まだまだ7月というのに・・・
一昨日は、大暑でしたね。もっとも暑いという日。
これから8月夏まっさかりの本番は、もっと暑くあるのでしょうか・・・。猛暑です。熱気がすごいですね。プールや海に行きたいです(笑)
今日は、土用の丑の日、日本の昔からの習慣、日本人として伝統を守るために?って(ただ食べたいから)、鰻 うなぎ 鰻丼を食べました。
久々の鰻は、とってもおいしかったです!!!!!!
つい先日まで、マスメディアで鰻の産地偽装などの問題がありましたので、食の安全ということで鹿児島産の鰻の蒲焼を買い、どんぶりにして鰻丼として食べました。
とてもおいしかったです。
暑い夏を乗り切るには、やはり鰻、うなぎに限りますね。スタミナつけて頑張ります!!
雨にも負けず、暑さにも負けず、やっぱり猛暑にも負けず・・・。
皆様、熱中症や熱射病に注意し、こまめに水分補給いたしましょうね!!

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

2008-07-24

治療

現在、週に一度 通院し、治療・リハビリを受けています。
先生のところに記事が載っていました。

喉の肉離れ テーピングの実際

筋肉の状態を知らずに自分でマッサージしたり、長時間声を使ったり、無理に大きな声を出したりしたとき、外喉頭筋を傷める人が大勢います。
今回は、その筋肉を保護して動きを正しく戻すためにテーピングの例をご覧いただきます。

《方法や注意事項》
●キネシオテーピングを当該筋肉の長さおよび幅に切り取り、起始から停止までTensionを
 掛けずに正確に貼る。
●皮膚がかゆくなったり違和感を感じたりしない限り24時間の貼付を行う。
●入浴は吝かではないが、水分を良く拭き取ること。
●剥がすときは皮膚を傷めないよう気を付けること。

症例
左茎突咽頭筋および左肩甲舌骨筋の筋繊維損傷

まずは、安静第一です。

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

2008-07-20

この秋 エディタ・グルベローヴァ来日公演

コロラトゥーラ・ソプラノの女王 エディタ・グルベローヴァ様がこの秋来日いたしますね。
まずは、ウィーン国立歌劇場でのドニゼッティのオペラ「ロベルト・デヴリュー」(演奏会形式)に登場いたしますね。
あと、11月に東京と横浜で2回単独リサイタルをいたしますね。曲目も発表されています♪
出演: エディタ・グルベローヴァ ソプラノリサイタル
指揮:ラルフ・ヴァイケルト 演奏:東京交響楽団
曲目・演目: (予定)W.A.モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』より序曲(オーケストラ)“あの人でなしは私をあざむき”/歌劇『皇帝ティトゥスの慈悲』より序曲(オーケストラ)/歌劇『イドメネオ』のためのバレエ音楽より パ・スール(オーケストラ)/歌劇『イドメネオ』より“この心の中に感じるものすべては”“オレステとアイアスの苦しみを”、G.ロッシーニ:『ウィリアム・テル』より序曲(オーケストラ)、G.ドニゼッティ:歌劇『シャモニーのリンダ』より“この心の光”/歌劇『ルクレツィア・ボルジア』より“安らかに眠っている…何と美しい”、V.ベッリーニ:歌劇『ノルマ』より序曲(オーケストラ)/歌劇『海賊』より“その汚れない微笑みと”

コロラトゥーラの名曲を集めたプログラム要注目です。
ベッリーニの「海賊 I Pirata」の狂乱の場が特に聴きたいですね♪

theme : クラシック
genre : 音楽

2008-07-20

バルトリ来日コンサート♪

今年の秋の
メゾ・ソプラノのチェチーリア・バルトリ来日コンサートが東京オペラシティでありますね。
●バルトリの来日コンサートの曲目が発表になりました。


2008年
11月7日(金)
・ロッシーニ:ヴェネツィアの競艇
・ベッリーニ:捨てられたわが身/《3つの未刊のアリエッタ》/蝶々/喜ばせてあげてください
・ロッシーニ:散歩/残酷な美しさ/スペインのカンツォネッタ/踊り(ナポリのタランテラ)
・ドニゼッティ:舟人/愛と死/ああ、思い出しておくれ、美しいイレーネ/私は海の中に家を建てたい
・ロッシーニ:昔のひとへのアリエット/チロルのみなしご/偉大なるコケット
・ヴィアルド:ハバネラ/アイ・リュリ!
・マヌエル・ガルシア:モノドラマ《計算ずくの詩人》からカバリョ「我こそ華の密輸業者」
・マリア・マリブラン:ラタプラン



11月9日(日)
・ロッシーニ:ヴェネツィアの競艇
・ベッリーニ:捨てられたわが身/《3つの未刊のアリエッタ》/蝶々/喜ばせてあげてください
・ロッシーニ:散歩/残酷な美しさ/スペインのカンツォネッタ/踊り(ナポリのタランテラ)
・モーツァルト:モテット《踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ》K.165
・モーツァルト:歌劇『コシ・ファン・トゥッテ』K.588より「恋はくせもの」
・モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』K.492より「恋とはどんなものかしら」
・モーツァルト:歌劇『皇帝ティートの慈悲』K.621より「私は行くが、君は平和に」
・ロッシーニ:歌劇『セビーリャの理髪師』より「ほんの少し前、ひとつの声が」


やはり、同じく、今年秋に行われるコロラトゥーラの女王・至宝のE・グルベローヴァのソプラノ・リサイタルも曲目発表になりましたね。

theme : クラシック
genre : 音楽

2008-07-19

梅雨明け

いよいよ梅雨明けいたしましたね。
とっても暑いです。猛暑ですね。ちょっと動くだけでも、外を歩くだけでも、汗が滝のように流れ落ちます(笑)水分をこまめにとって熱中症に注意しなくちゃ。
今日は、喉・声帯のケアに病院へコンディショニングの為に行ってきました。
最近は、いろいろとCD聞いたり、DVD観たり、してリラックスして過ごしています。
頭から「ポニョ」の主題歌がぐるぐるまわって離れません。
ポーニョ ポーニョ ポニョ・・・♪
つい、口づさんでしまいます♪一度聴いたら誰でもすぐ覚えられるメロディーなのですね♪
今、この「ポニョ」が映画公開前から社会現象になっていますね。ちなみに、映画は今日公開ですね。評判はどうなのかしら(笑)機会があったら見てみたいです。
明日は、マルコ・ボエーミ指揮、L・パヴァロッティの後継者であるポスト3大テノールのV・ラ・スコーラがカヴァラドッシを歌う サントリーホールでのホールオペラ プッチーニの歌劇「トスカ」を鑑賞予定です。とても楽しみです。今年はプッチーニ・イヤーですね。先週は、二人によるオンステージで東京芸術劇場で聴いてお得意のアリアを堪能いたしました。またまたボエーミ&ラ・スコーラが聴けてウキウキデス。燃えてしまいそうです(笑)
数年前、新国でヴィンチェンツォ・ラ・スコーラが歌う「トスカ」鑑賞いたしました。とても素晴らしかったことを記憶しています。それから数年後の声の成長、とても楽しみです。カヴァラドッシの歌う2つのアリア「妙なる調和」、「星は光ぬ」とても楽しみです。あと、Vittoria~!!もね(笑)

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

2008-07-18

「椿姫」公演無事終了♪

昨日の杉並公会堂でのオペラ「椿姫」公演、無事に終了致しました。
演奏会形式でしたが、多少、動きや演技も付け、水準の高い舞台となったと思います。
とても素晴らしいキャストやスタッフの皆さんに囲まれて、とても楽しかったです。
オケで歌えて気持ちよく歌えました。
皆様応援ありがとうございました。
たくさんのお客様にも来て頂いてどうもありがとうございました。
御礼申し上げます。
今後ともよろしくお願い申し上げます♪

theme : クラシック
genre : 音楽

2008-07-13

スコーラ

ここのとこ、急に毎日暑いですね。猛暑です。真夏日です。
池袋の東京芸術劇場でイタリアの大テノール歌手 ヴィンチェンツォ・ラ・スコーラのリサイタルへ行ってきました。素晴らしかったです。感動いたしました。Bravissiomo!!
とても熱かったです。熱唱です。
「道化師」、「トゥーランドット」などの名アリア素晴らしかったです♪
燃えました。指揮者のマルコ・ボエーミもとってもよかったです。
オペラの稽古です。「椿姫」本番、まもなくです。これから連日、稽古です。
暑さに負けずベストコンディションで頑張ります!!
前売チケット、完売御礼申し上げます♪
早く夏休みが来て欲しいなー(笑)

theme : クラシック
genre : 音楽

2008-07-08

六本木ヒロシ版面白オペラ「フィガロの結婚」公演無事終了♪

お蔭様で、六本木ヒロシ版おもしろオペラ パロディー・コメディーバージョン 『フィガロの結婚』、なんとか無事に?終演しました。満員御礼です。
サロンコンサート形式のサロン・オペラでした。
フィガロと伯爵の二役大変でした。両役のアリアを全部歌ったので、アリアだけで4曲も歌いました。ほかに重唱も沢山歌いました(笑)
やはりスタミナといい、体力が必要ですな・・・・。
ホッと一息です。
一部のモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」ハイライトはもちろん、音楽はモーツァルトの原曲をもとに日本語とイタリア語で歌ったり、踊ったり、演技したり、台詞は日本語で・・・。
ナビもとてもわかりやすかったと思います(笑) 
いろいろとハプニング発生?!で自分なりに反省すべき点はたくさんありますが、ハチャメチャな感じで楽しかったです。アドリブ満載でした。まるで漫才コンビのよう・・・(笑)

お客さんも大変喜んでくださり、たくさん笑っていました。わかりやすくて面白かったですと言われて、まぁ一応成功でしょうか(笑)

短い稽古時間でしたが、終わってホッとしました。
もう少し稽古やればもっといいものが仕上がったかも(笑)。
前向きに次に向けて頑張ります!!

2部もとってもたのしかったです。
「千の風になって」とヒロシです・・・でお馴染みのイタリア映画「ガラスの部屋」の主題歌「ガラスの部屋」を歌いました。気持ちよく歌えました。

来てくださったお客様、共演者の方々、スタジオ関係者・スタッフの皆様、ご声援、応援ありがとうございました。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さっそく、次のオペラ ヴェルディの「椿姫 La Traviata」に取り組んでいます♪
来週のオペラ「椿姫」の本番に向け、コンディションを整え、頑張って生きたいと思います!!
どうぞよろしくお願い申し上げます。Ciao!!
小川雄亮

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

プロフィール

おがバリトン

Author:おがバリトン
小川雄亮 YUSUKE OGAWA :声楽家(バリトン歌手、オペラ歌手、カンツォーネ歌手)
声種はバリトンBaritono: 東京都出身。日本大学芸術学部音楽学科声楽コース卒業。同大学院博士前期課程芸術学研究科音楽芸術専攻修了。在学中よりオペラ、各種演奏会に多数出演。NPOみんなのオペラ公演(岡村喬生総監督・演出、飯守泰次郎指揮東京ニューシティ管弦楽団)『蝶々さん』にて官吏、ぼんぞーの二役を歌い好評を得る。秘密の結婚」、「カルメン」、「ドン・パスクワーレ」、「椿姫」、「ルル」、、「こうもり」、「メリー・ウィドウ」などに出演。 また『クリスマス・カンタータ』のバリトンソロを務める。長江杯国際音楽コンクール第3位、アジアクラシック音楽コンサートオーディション新人賞、フレッシュアーティストオーディション奨励賞、オペラアリアコンクール奨励賞、全日本クラシック音楽オーディション審査員賞受賞。オペラ、オペレッタ、ミュージカル、音楽劇にも出演しコンサートでも活躍中。 カンツォーネを得意とし、オペラ唱法を駆使し活動の場を広げカンツォーネのほかシャンソン、映画音楽などを得意とし、ライヴハウスやホール、レストラン、ホテルなどのショーに出演。また近年、日本語の歌(歌曲、唱歌や童謡、歌謡曲)の普及に力をいれ積極的に取り組んでいる。 現在、バリトン歌手として演奏活動の傍ら、評論家、オペラ研究家、執筆活動、作詞家、編曲家、各地で指導者や合唱団のヴォイストレーナー、コンクール審査員としても活動している。 合唱団「つつじ」特別団員。 日本ロッシーニ協会会員。座間市演奏家連盟会員。
オペラ、オペレッタ、ミュージカル、歌曲、歌謡曲、カンツォーネ、ナポリ民謡、イタリアン正統派クラシックのスタイルの歌曲、オペラから、ミュージカル、映画音楽、カンツォーネを得意とする。様々なジャンルとコラボ・コンサートやライヴ活動を各地で独自のスタイルで展開する。・ポップスを得意とする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。