--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-20

六本木ヒロシ版 おもしろオペラ「フィガロの結婚」 公演のご案内

バリトン小川雄亮 アルマヴィーヴァ伯爵役で出演。
六本木ヒロシ版 おもしろオペラ「フィガロの結婚」 公演のご案内
フィガロ
フィガロ2
まだ先ですが、芸術の秋によかったらぜひいらしてください。昨年ご好評をいただきましたモーツァルト作曲六本木ヒロシ版おもしろオペラ「フィガロの結婚」ハイライトを 昨年より大幅に規模を広げてのリニューアル再演です。
今回は 大野一道氏 日本語監修による 日本語にこだわった公演を目指します。
演歌歌手の六本木ヒロシさんの台本でオペラの解説・ナビゲーションでとてもわかりやすくモーツァルトの「フィガロの結婚」を上演いたします。とても楽しくなると思います。演歌とオペラの共通点ははたして、見い出せるのでしょうか。
演歌ファンの方もオペラファンの方も、ぜひ見にいらしてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。いままでにないオリジナリティ溢れる「フィガロの結婚」になると思います。

Gluck Studio Fresh Concert Vol.6

W.A. モーツァルト作曲 六本木ヒロシ版
おもしろオペラ「フィガロの結婚」ハイライト

アルマヴィーヴァ伯爵 小川 雄亮 Baritone
フィガロ 川口 寛記 Baritone
スザンナ 今東 葉子 Soprano
ケルビーノ 篠田理佐子 Soprano
バジリオ 荒木 俊雅 Tenor
伯爵夫人・解説(一部スザンナ) 六本木ヒロシ

ピアノ 今東 薫
スーパーアドバイザー 大野 一道

2009年11月7日(土)18:30開場 19:00開演
洋菓子・喫茶 白十字南口店(JR中央線国立駅南口徒歩2分)
入場料 前売3,000円 当日3,500円
お菓子・ドリンク付

チケット予約・お問い合わせ
Gluck Studio グルックスタジオ
電話 080-3399-0803
Fax 042-576-5938
Mail: Gluck-info@t.vodafone.ne.jp
http://blog.livedoor.jp/gluck_studio/

モーツァルトもびっくりの演歌調オペラ
大野 一道
 今回の「フィガロの結婚」は従来と少々趣向が異なります。演歌歌手六本木ヒロシの解説でストーリーは進行するのですが、自ら演ずる伯爵夫人の歌も交えて、演歌調の調子のいい喋りがモーツァルトの音楽と不思議にマッチするのです。
 オペラは感情表現の歌、惚れた腫れたの世界を歌い、演歌も感情表現の極みを独特の節回しで歌います。俯瞰(ふかん)的に見ると両者は近似値にあることに気づきます。
 オペラは芸術で演歌は芸術でないという人も多いと思いますが、ではオペラは本当に芸術なのか、演歌は大衆的だから芸術でないのか、この答えを明確に出せる人がいるでしょうか。近年、芸術とかアートとかいった言葉は大安売りの傾向にありますが、「芸術とは何か」の明確な定義がない以上、主観的に用いられて当を得ぬこととなります。たとえ、オペラが分野として芸術であるとしても、芸術的に表現されないオペラを芸術と呼べるでしょうか。逆に芸術性の高い演歌があってもおかしくはないでしょう。演歌とオペラが感情表現の歌としての共通項を踏まえ、芸術的な方向に互いに歩み寄ることによって格調高いステージに昇華することを願っています。
 日本語で上演することにも意味があります。本来イタリア語で書かれた音楽を日本語に直すことは邪道です。モーツァルトが日本語のフィガロを聴いたらおったまげるに違いありません。怒り出すか、腹を抱えて笑い出すか興味深いところですが、それなりの演奏ができれば「変な言葉の演奏だけど面白いジャン……」なんちゃって、案外喜ぶんじゃないかな。とまあ、他愛ない空ごとを廻らせています。
 今回の出演者は可能性に満ちた若手のメンバーです。普段、原語の歌を勉強している彼らが、あえて日本語で歌うことには重要な意味があります。日本の歌い手が日本語を歌うと、直接的に心に反応して歌に心が籠もります。外国語だと通常、頭で理解して日本語に置き換えて表現することになるので、心をそのまま歌に乗せることが困難になります。つまり日本語を本質的な視点で捉えて深く歌い上げることによって、直接的な心の表現が可能になり、逆に外国語の表現に生かすこともできるのです。また当然のこと、日本語の演奏はお聴きいただく皆様にもわかりやすく、深く共鳴をいただけるものと確信しています。
グルックスタジオのオペラと私の係りはまだ一年目です。本年四月の若手によるオペラ魔笛も感性の光る公演でしたが、今回は一歩進んでオリジナリティーのある公演となりました。日本語の真の美しさと、音楽の中枢を流れる本質的な深さの体感的把握による歌唱表現を目指し、数少ない練習の中でアドバイザーとして魂に響くようなスーパーアドバイスをヒットさせるべく、心を澄ませてレッスンに臨みます。
 本番当日は、標高3880メートルのヒマラヤビュウホテルより会場に仙境の霊気を送り届けます。       2009年8月

おおの・かずみち 声楽家・芸術プロデューサー
自作の台本による4作のモノオペラ、演奏を人間存在の謳(うた)と捉えたテーマリサイタル等、音楽界における創造表現の先端を歩み続けてきた。「1+1=一=∞」の公式を掲げ、ハミングを用いて心身の調和を導く内観共振法を提唱。音楽のみならず各方面の反響を呼んでいる。
スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

おがバリトン

Author:おがバリトン
小川雄亮 YUSUKE OGAWA :声楽家(バリトン歌手、オペラ歌手、カンツォーネ歌手)
声種はバリトンBaritono: 東京都出身。日本大学芸術学部音楽学科声楽コース卒業。同大学院博士前期課程芸術学研究科音楽芸術専攻修了。在学中よりオペラ、各種演奏会に多数出演。NPOみんなのオペラ公演(岡村喬生総監督・演出、飯守泰次郎指揮東京ニューシティ管弦楽団)『蝶々さん』にて官吏、ぼんぞーの二役を歌い好評を得る。秘密の結婚」、「カルメン」、「ドン・パスクワーレ」、「椿姫」、「ルル」、、「こうもり」、「メリー・ウィドウ」などに出演。 また『クリスマス・カンタータ』のバリトンソロを務める。長江杯国際音楽コンクール第3位、アジアクラシック音楽コンサートオーディション新人賞、フレッシュアーティストオーディション奨励賞、オペラアリアコンクール奨励賞、全日本クラシック音楽オーディション審査員賞受賞。オペラ、オペレッタ、ミュージカル、音楽劇にも出演しコンサートでも活躍中。 カンツォーネを得意とし、オペラ唱法を駆使し活動の場を広げカンツォーネのほかシャンソン、映画音楽などを得意とし、ライヴハウスやホール、レストラン、ホテルなどのショーに出演。また近年、日本語の歌(歌曲、唱歌や童謡、歌謡曲)の普及に力をいれ積極的に取り組んでいる。 現在、バリトン歌手として演奏活動の傍ら、評論家、オペラ研究家、執筆活動、作詞家、編曲家、各地で指導者や合唱団のヴォイストレーナー、コンクール審査員としても活動している。 合唱団「つつじ」特別団員。 日本ロッシーニ協会会員。座間市演奏家連盟会員。
オペラ、オペレッタ、ミュージカル、歌曲、歌謡曲、カンツォーネ、ナポリ民謡、イタリアン正統派クラシックのスタイルの歌曲、オペラから、ミュージカル、映画音楽、カンツォーネを得意とする。様々なジャンルとコラボ・コンサートやライヴ活動を各地で独自のスタイルで展開する。・ポップスを得意とする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。