--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-10-13

「この胸のときめきを」 Io che non vivo バリトン小川雄亮が歌う


YUSUKE OGAWA canta "Io Che Non Vivo Senza Te" Show en vivo - Teatro La Forte
"Io che non vivo (senza te)" written by Pino Donaggio and Vito Pallavicini..then made famous by Dusty Springfield "You don't have to say you love me"...

Io che non vivo 「この胸のときめきを」
"You don't have to say you love me"
Cantante YUSUKE OGAWA(Br)
Canzone popolare
バリトン歌手 小川雄亮がイタリアのカンツォーネの名曲「この胸のときめきを」をベルカント唱法で情 緒豊かに見事に歌いあげます。
岩谷時子訳詞、パラヴィチーニ詞 Pallavicini、ドナッジョ曲 Pino Donaggio
ピーノ・ドナッジョ、ドナッジォ、イヴァ・ザニッキ、ジリオラ・チンクエッティ、ミー ナ、ミルヴァ、トニー・ダッラーラの代表曲です。片岡啓子、鮫島有美子の愛唱歌です。 Pino Donaggioが作曲し歌っています。ピーノ・ドナッジョ自作の曲です。サンレモ音 楽祭(サンレモ・フェスティバル)で自作自演し大ヒットした曲です。今も、世界中のア ーティストに歌い継がれています。
Jody Miller,Sylvia Pagni,Patrizio Buanne,Alessia Mancini,Gigi D'Alessio,Adriano Mori,Iva Zanicchi&Donaggio's greatest hit, Io Che Non Vivo Senza Te.
Io che non vivo piu` di un'ora senza te,come posso stare una vita senza te?Sei mia,sei mio...
スポンサーサイト

theme : YouTube動画
genre : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

おがバリトン

Author:おがバリトン
小川雄亮 YUSUKE OGAWA :声楽家(バリトン歌手、オペラ歌手、カンツォーネ歌手)
声種はバリトンBaritono: 東京都出身。日本大学芸術学部音楽学科声楽コース卒業。同大学院博士前期課程芸術学研究科音楽芸術専攻修了。在学中よりオペラ、各種演奏会に多数出演。NPOみんなのオペラ公演(岡村喬生総監督・演出、飯守泰次郎指揮東京ニューシティ管弦楽団)『蝶々さん』にて官吏、ぼんぞーの二役を歌い好評を得る。秘密の結婚」、「カルメン」、「ドン・パスクワーレ」、「椿姫」、「ルル」、、「こうもり」、「メリー・ウィドウ」などに出演。 また『クリスマス・カンタータ』のバリトンソロを務める。長江杯国際音楽コンクール第3位、アジアクラシック音楽コンサートオーディション新人賞、フレッシュアーティストオーディション奨励賞、オペラアリアコンクール奨励賞、全日本クラシック音楽オーディション審査員賞受賞。オペラ、オペレッタ、ミュージカル、音楽劇にも出演しコンサートでも活躍中。 カンツォーネを得意とし、オペラ唱法を駆使し活動の場を広げカンツォーネのほかシャンソン、映画音楽などを得意とし、ライヴハウスやホール、レストラン、ホテルなどのショーに出演。また近年、日本語の歌(歌曲、唱歌や童謡、歌謡曲)の普及に力をいれ積極的に取り組んでいる。 現在、バリトン歌手として演奏活動の傍ら、評論家、オペラ研究家、執筆活動、作詞家、編曲家、各地で指導者や合唱団のヴォイストレーナー、コンクール審査員としても活動している。 合唱団「つつじ」特別団員。 日本ロッシーニ協会会員。座間市演奏家連盟会員。
オペラ、オペレッタ、ミュージカル、歌曲、歌謡曲、カンツォーネ、ナポリ民謡、イタリアン正統派クラシックのスタイルの歌曲、オペラから、ミュージカル、映画音楽、カンツォーネを得意とする。様々なジャンルとコラボ・コンサートやライヴ活動を各地で独自のスタイルで展開する。・ポップスを得意とする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。